眠らない街、六本木を眠りに叩き込むのはこの一杯。締めの店といえば、ここ!締まりすぎる!!! ...