みんな!カレーマンだよ!

山形に行って来たよ!

夜の銀山温泉!

はー、風情があるよ!

これぞ大正ロマン!

ちなみにカレーマンのチャンバーは、大正元年生まれだったよ!

天に召されて、早1年!

そんなチャンバーと命日がかぶってたカンパチの記事もあるから、激しくヒマな人は読んでみて!

ここ銀山温泉に来た理由は、ズバリ撮影!

台湾から来たVOGUE Taiwanのスタッフが山形を美しく切り取って行くよ!

寒い中がんばってたカトパン似のこの美女は、簡嫚書(ジエンマンシュー)さん!

台湾の宮崎あおいとも言われる、人気女優!!

はー、相当美しーーい!!!

でもスタッフが着てるコートの方が気になってそれどころじゃないという話もあるとかないとか。

どこに売ってんの?!それ!

そんな撮影隊がお世話になっていたのが、銀山温泉ど真ん中にある、この古勢起屋別館!!

木造4層構造の堂々たる体躯!!!

かなり古い建物ながら、部屋はとってもキレイ!

スタッフが心を込めて丁寧に掃除している証だよ!

そしてご飯が美味しい!

肉あり魚あり郷土料理ありの、山形の食を余すことなく味わえる豪華なラインナップ!!!

てことで今日も1日お疲れさんでしたーー!!!

いきなりメインの山形牛!!!

甘い脂が激しくうまーーーーい!!!

寒い地域に育ったことでサクッとした身の締まり方なのかなと思いを馳せられるのも、現地に来た心のゆとりがあるからだよ!

やっぱり美味しいものは、現地で食べるに限ーる!

地元の肉には、地元の酒!

みんな飲むかと思って発注したら、結果的に独り占めすることになったよ!

日本海で揚がった魚も脂が乗っていて最高!!

あったかい鍋も言わずもがな!!!

そしてこれ!

山形と言えば、やっぱり芋煮!!!

とろける里芋甘辛の牛肉がたまらーーーん!!!

古勢起屋別館は、朝食も豪華!!! 

しみじみ美味いものが、ちょっとずつ!

ごはん3杯は必要なくらい、いちいち美味しいよ!

ちなみに銀山温泉には足湯もあるから、観光で来るときにはゆっくり浸かって風情を楽しんでみて!

続いて一行は山を登ーーる!!!

山寺だよ!

正式名称は、宝珠山立石寺!

雪深い上に、朝は石段が凍って滑りまくるので、簡易アイゼンを履いてズンズン登るよ!

ちなみにここは、仁王門!

はー、雪景色が美しーーーい!!!

さらに登ると、これまた風情まみれの五大堂!!!

さらに開けた景色に感動!

手すりにちょこんと置かれた雪だるまもかわいいよ!

さらに登って、念のためおみくじを引ーーく!

結果は小吉!

今年は子宝には恵まれないみたいだってことが分かったけど、カレーマンの場合はだいぶそれ以前の問題だからだいたい分かってたよ!

行燈には山形の名産、さくらんぼ柄のカップ!

建物の下に、小さな仏さま!

そして一般ピーポーは入っちゃいけない、危険な修行場!

そんな魅力溢れる観光資源の中撮影を済ませたら…

下山して、また芋煮!

はー、あったまーーる!!

撮影の結びは、これまた山形が誇る地元の幸、蕎麦!!

そば琳という、地元の名店だよ!

大正時代の建物をそのまま使ってるんだって!

美しすぎる、打ちたての蕎麦!!

メイキングの様子を厨房で見せてもらったよ!

見ちゃったからには食べーーーる!!!

やはり蕎麦は水!

と思わせるにふさわしいクリアな蕎麦の香り!!!

蔵王山の雪解け水を使っているよ!

そして店主が力を入れているのが、蕎麦スイーツ!

イチオシは開発したばかりの、この「粗びき そばの水玉」!!!

蔵王のウォータースイーツとして、地元の名物に育てて行きたいみたいだよ!

澄んだ清涼感ほのかに香る蕎麦!

上品な甘さが心地良い逸品!!!

こりゃ全国の厳選されたお取り寄せグルメサイト、47CLUBでも大至急取り扱ってほしいよ!

相当うんまい!!

その他にも素朴なおいしさの、そばプリン!

黒蜜きなこ!

こっちは自家製キャラメルソース!

蕎麦へのこだわりだけでなく、蕎麦や地域を盛り上げていこうというハートのある、素晴らしいお蕎麦屋さんだったよ!

山形行ったら、是非足を運んでみて!

帰りは仙台に抜けて、牛タン!



撮影の様子は、VOGUE Taiwanのホームページで大至急チェックや!

簡嫚書(ジエンマンシュー)さんと山形がコラボレーションした美しい写真が盛りだくさんだよ!